世界一周ブログ -  学生になりたい

帰国後
  • 学生になりたい

    2

    世界一周を終えましたヨメブログです。

    帰国して早3か月が経とうとしています。
    ムコは元の仕事に復帰して、雑誌編集者として忙しい日々を送っています。
    私は…主婦にも慣れてきたので、旅中にむくむくと湧いてきた
    「日本に帰ったらやりたいこと」リストの中から、
    “幼稚園教諭の免許を取得する”にチャレンジすべく、通信教育の学校説明会に行ってきました。
    今回は通信教育を行っている関東を中心とした大学の合同説明会。
    高校生以来の学校説明会。
    いや~、なんだか緊張っっ!

    通信教育の大学合同説明会。

    国際フォーラムの広い会場に長机が所狭しと並んで、各大学のブースが並んでる。
    国際フォーラムなんて仕事のコンサートでしか来たことないよー。
    会場は私の予想とは裏腹に、割と年齢が高め。
    三十路すぎの私でも、まったく浮かない空気にちょっとホッ。
    幼稚園教育の免許取得可能で通える範囲にある学校で説明を聞いて回る。
    いろんな学部がある大学なんかはめっちゃ混んでいて30分待ち。

    通信教育はたいていが受験はなく、書類選考のみ。
    正直、「来てくれればお金も入るし、希望者は全員受け入れますよ」的ムード。
    なので、学生になることを希望する買い手市場。

    企業を離れて改めて思うけど、企業(学校)の顔となって表に出る人は対応が大事だね。
    30分も待ったのに、学校案内書丸読みな説明の学校→ナシ!
    個人説明を受けるための列の整備がなってなくて生徒さんが混乱している学校→ナシ!
    「そうだねぇ、君なんかは~」なんて妙に上からモノを言っちゃう総務のおじさんのいる学校→ナシ!!

    印象って大事だなーと思いながら、6校の説明を聞いて、体力的にもギブアップ。
    ずっしりと重い各学校の入学案内を手に、大学受験のころを懐かしく思い出す。
    確か入学選考料が1校45000円とかだったなぁ、高いっ!!!
    アジアなら3週間生活できる値段だよ…。

    結果的に2校まで絞り込んで、現在も悩み中。
    遠いけれど授業内容が新しくてよさそうな学校にするか
    内容も説明も古臭いけどちょっと安くて近い学校にするか。
    10代なら迷わず遠い方を選ぶんだけど、
    今となっちゃ、通う距離も重要(^^ゞ

    4月からは合格できれば“大学生”としての生活をスタートさせるつもりです。
    ガクセイ、いい響き♪
    映画も学割、携帯も学割、定期も(買えば)学割。
    ちょっと楽しみになってきた3月のヨメです。

    « »

こちらの記事もおすすめ!