世界一周ブログ -  映画で旅を振り返る

帰国後
  • 映画で旅を振り返る

    2

    世界一周を終えたヨメブログです。

    日々のお話を…
    至って普通のお話ですが。

    何かを作ることが好きな性格なので
    春になると毎年、あさがおやらひまわりを植えていたのですが、
    今年は8月は帰省していて花が見られない、と気づき
    ハーブとちょっとした野菜を植えて育てることに。
    料理もしてるし、ちょっと薬味が欲しいって時に便利だしね。

    左がイタリアンパセリ、右が万能ねぎ。ねぎは八百屋で買ったねぎの根っこを植えたら1週間ですくすくとおもしろいくらいに育った。

    ネットで初心者の園芸のページを熟読して
    現在はパセリとバジルと大葉とトマトと万能ねぎを育て中。
    臭いものは虫が寄り付きにくくて育てやすいと聞いたので
    選んでみたものの、バジルと大葉はすでに虫が食ってるがな!
    ネギやトマトはおもしろいほど日々伸びていくので、
    1株100円くらいの娯楽園芸としては良い買い物だったと言えよう。

    トマトさんだけぐいぐい伸びてすでに1メートル近い。受粉が難しいらしく、実ができるかは定かでない。

    野菜を育てても時間は余るもので、
    世界で見てきた景色が撮影場所になっている映画を見てみよう!と思い立ち
    旧作100円レンタルを開始したTSUTAYAサマに足しげく通い中。
    100円で一週間借りられる、なんてすばらしい企画!
    放浪旅の定番、日本からロンドンまでをバックパックで旅する
    大沢たかお主演の「深夜特急」3本立てを見る。
    香港の重慶マンションや、インドのガンジス河トルコのイスタンブールなど
    昨年見てきた景色が目白押し。
    途中、ふれあっていく人々の人間性も国ごとに様々で、分かる~、と興味深く鑑賞。
    学生の時にこれ見ちゃってたら、バックパック背負ってしばーらくアジアに行っちゃってたな…。
    危ない危ない…。

    続いて、ヨルダンのぺトラ遺跡が出てくるということでインディージョーンズ3を観る。
    まだハイビジョンじゃない時代、字幕もガタガタな文字(^^ゞ
    インディージョーンズ自体初めて見るんだけど、3からスタートしたのがまずかったのか
    まったく話に入り込めず…。
    合成もストーリーもチンケな気が…。
    だって始まって20分ですでに追いつめられて、
    見るからの悪党に騙されてやられそうなところを回避!みたいな展開なんだもん。
    冒頭ではアメリカの国立公園もたくさん出ていたから景色としてはすこーしだけ共感。

    続きまして、アメリカのモニュメントバレーが出てくるバック・トゥ・ザ・フューチャー3を鑑賞…の予定が
    うちのブルーレイレコーダーが読み取らず。
    プレステで見るにはアップグレードが必要らしい。
    アップグレードの仕方が分からん。
    日本の仕組みはいろいろハイテクになってて難しいもんだ…。

    次回はブルーレイじゃない「ガンジス河でバタフライ」を借りにいこーっと。
    インドで日本語が喋れる勧誘の小僧たちを無視したら
    「おまえ、長沢まさみに似てないな。かわいくないな。ブサイクだな。」と
    さんざんバカにされたので、どんな映画か見てやるのだ!

    ふぁー、最近は胃や膀胱が圧迫されてトイレは近いは食べ物はあんまり食べられないわで
    それなりに大変。
    妊婦生活って、こう、「おなかにカワイイ命が宿ってるの。もう動いたりして幸せ感じる毎日なの」って
    感じかと思ってたら、ずえぇっんずぇん違うのね。
    だるーい、ねむーい、疲れちゃうー、の波がやってくるので
    他に自分から楽しいと思えること探していかないと。
    未来へ命をつなぐために女性が存在しているのだと、そのために生まれているのだと
    なんとなく実感。まだ生んでもいないんだけれどネ。。
    さてはて、サハラ砂漠でサソリに刺されてた時
    神経毒がリンパを伝って体を回って、「子供を産むよりも絶対に痛い」と言い切ったけれど
    どちらが大変なのか、夏には分かるでしょう。

    « »

こちらの記事もおすすめ!