世界一周ブログ -  After 世界一周

帰国後

カテゴリー: ‘After 世界一周’

  • 育児2か月目

    0

    世界一周を終えたヨメブログです。

    8月に息子が生まれて2か月ちょっとが経ちました。
    まぁー、てんやわんやの日々です(^^ゞ

    1か月検診で6000グラム、2か月半で6700グラムありますの。身長もあるのでおデブちゃんじゃないけれど、大きな赤ちゃんです。

    2時間半おきの授乳にオムツ替え、なんだか分からない泣きに加えて
    家事、仕事、大学の勉強。
    後半3つはやりたくてやっているので笑顔でやるべき事柄ですが。

    生まれて1か月は「こんなにも大変か!」ってくらいめまぐるしくて
    実家で家族に支えられての生活でしたが
    2か月目に入ってようやくちょっと心にゆとりが出てきました。
    慣れもあるけれど、息子と目が合うようになったり、
    アックーンとかオッコーとか話しかけてくれたり笑いかけてくれるようになったことが大きいかな。
    生まれたら自分の子供が一番かわいいなんて言うけれど、
    「私はひいき目に見ないで客観視できるね!」と思っていたら…
    本当に客観視できてます(笑)

    中の上!

    …って、この「中の上」って判断自体がひいき目になってるのだとしたら、実際は…。
    いや、客観視できていると断言しよう!

    いただきもののおさがりだったり、贈り物のお洋服、
    たくさんの出産おめでとうメッセージに
    両家の家族のやさしさに恵まれてすくすく育ってます。
    大きくなったら『たくさんの愛のなかで育ってきたんだよ』って教えてあげよう。

    もちろん私たち夫婦も、おしっこかけられたり、
    抱っこしようと顔を近づけたらパンチをくらったり、
    ネックレスをビーンと力いっぱいひっぱられてイテテとなったりしながらも
    一瞬の笑顔にだまされて、泣こうものなら駆け寄っていって面倒をみてます。
    まぁ、ムコの実家の室内犬に食べられそうになったことや
    実は一度私のミスで回転いすから顔面落下したことや
    髪の毛にアロンアルファをつけちゃって早速断髪した失敗はまだ息子には内緒です。

    最近はあたたかい昼のうちに抱っこひもでくっついて
    お義父さんにプレゼントしていただいた電動自転車に乗って買い物なんかもできるようになりました。
    電動の快適さに調子に乗ってギアを最大に重くしてビューンと走り抜けたりしているので
    あまりの風の切り具合に息子は目を丸くして、まだ少ない髪の毛を風になびかせてます。

    首が座っていないのでだっこも両手を使わないとできず、
    寝ていても起きていても置いたら30分きっかりで泣き出して騒ぐので
    日中はもっぱらあぐらの私の膝の上で寝ながら1時間おきくらいに起きては
    おしゃべりしたり、うんちしたり、泣いてみたり、おっぱい飲んでみたりしています。
    私は膝に2ヶ月なのに7キロ近くある大きな息子を置いたまま
    勉強のテキストを読んでレポートを書いたり、電話やパソコンで仕事をしたり、
    洗濯物をたたんだり、簡単な昼食を食べたりしています。
    肩がこる~!!!

    海外にいる時も「湯船につかる」とか簡単なことが夢みたいでうれしかったけど
    子育ても「ゆっくりご飯を食べる」とか今までできていた簡単なことでもできるとすごくうれしいもんです。
    不自由の幸せってあるね。
    今はじっくり勉強に向かう時間が欲しい!が夢。
    真面目か!

    ムコもオムツ変えたり、抱っこしたり、育児してます。

  • 生まれました

    6

    世界一周を終えたヨメブログです。

    先日、無事に男の子が生まれました。

    生まれて30分後。生まれてきてくれて、ありがとう。

    旅に出て、もっと家族したいと思って、こうして新しい命を授かって。
    ありがたいことです。

    予定日を過ぎてもひたすら妊婦で、おなかの中でも元気にキックやパンチを繰り広げるムスコ。
    病院からは陣痛促進剤の使用も促されたけれど、
    この子が出てきたいときに生まれてきて欲しいと私もムコも強く思って、
    赤ちゃんからの合図があるのをひたすら今か今かとドキドキしながら待ちました。

    予定日から3日後の朝、破水。
    ここで慌ててはならん、とこれから始まる初めての出産に向けてしっかり朝食をたいらげて
    病院に電話。

    入院したものの、まだ陣痛ははじまらず、ベットの上でおだやかな時間。
    お昼のビビンバ丼もおいしく完食!
    そこへ連絡を受けたムコがコンビニで買ったアイスを食べながら登場。
    ムコと電話がつながってから2時間ちょっとでの来院。
    さてはずいぶんゆっくり落ち着いた出発をしたね。

    陣痛時はムコの担当している雑誌「EVEN」のロゴ入りゴルフボールが大活躍。
    ゴルフをしない私がこれほどまでにEVENのお世話になったのはこれがはじめてでした(笑)
    陣痛にはテニスボールかゴルフボール、うわさでは聞いていたけど本当でした。
    その後、7時間で元気な産声を聞くことができたのでした。

    出産も、はじまったばかりの育児も初めてのことだらけ。
    世界一周のような派手な“初めてのこと”ではないけれど
    屋根の下で24時間繰り広げられる小さな“初めてのこと”の連続の日々。
    夜中に2時間おきに起きなきゃならなかったり、
    なんで泣き止まないのか分からなかったり、
    大変なことも山積みだけれど、
    それも全部ひっくるめて愛おしい時間だと思えるように
    なっていけたらいいなと思います。

    2012年夏、私、いただいた命を大切に育んで
    新たに“家族”をスタートさせます。

  • 日本の夏

    2

    世界一周を終えたヨメブログです。

    このところは日本の夏を感じながらまんまるおなかと過ごしてます。

    座間のひまわり畑。時期をずらしながら植えてあるそうで8月末までひまわりが楽しめます。

    車でいける近場の夏を感じる行事、とういことで、ムコと実家の近くのひまわり畑に。
    1万本を越すひまわり~!!
    入場無料で麦わら帽子のおじいちゃんが車の誘導や現場の案内をしているというのも地元ならではの心温まるかんじでなんか好き。
    結婚してちょうど4年が経って、きっとこれが最後の二人のデート。
    あいかわらずツーショットも撮らず帰ってきましたが(笑)
    ひまわり畑の中から好きなひまわり3本摘み取って200円でお持ち帰りができるので、自宅でもしばらく花瓶でひまわりを楽しみ中。

    つづいて、実家近くの夏の行事、そこそこ大きな規模の阿波踊り!
    地元の連から徳島から来ている連まであって、夜店もズラリ。
    この夜店がまたテンションがあがる↑
    かなり大きな太鼓や笛の音はおなかの赤ちゃんにも聞こえてるようでずいぶん元気にキックして暴れまわってました。

    東林間わぁニバル!こどもの阿波踊りがまたかわいい!見ていて涙が出そうになっちゃった。どうやら赤ちゃんがおなかに来てから子どもの姿に弱くなっているよう・・・。

    出産予定日間近。
    赤ちゃんが下がってくると胃がすっきりするなんて聞いて楽しみにしていたけれど、まったくすっきりせず…。
    ここ2週間くらいで食べられる量は1人前になったけれど、私はもっとたくさん食べられる人だったのに…。悲しい…。
    せっかく育て上げてきた大きな胃が、圧迫され続けた妊娠の9ヶ月の間に小さくなってしまったのか?!
    がーん。。。
    …とそこへネット情報で朗報が。
    「授乳中はおなかがすいてたくさん食べられるし、食べても太らない」だって?!
    わー、わー、楽しみ!!!
    ファミレスでハンバーグセットにサラダバーとカレーバーつけて思う存分食べるのが今の夢!

    幸せっていうよりも、胃が気持ち悪い、という思いの方がちょこちょこ勝ってきたこの10ヶ月。

    でも、もう少しでこの暴れまわっている子の顔が見られるかと思うと、やっぱり楽しみでもあるのです。

  • 臨月です

    4

    世界一周を終えたヨメブログです。

    臨月に突入していつ生まれてもいい時期になって、ようやく赤ちゃんを迎えるための準備。

    今日は洗濯デー。
    シーツや洋服やおくるみを洗濯~
    いただきもの、おさがりもあるので贅沢なくらいの洋服。
    私の夏物より圧倒的に多いな・・・。
    昨年夏に赤ちゃんを産んだ友人たちからありがたいことにおしゃれ洋服をたくさんいただきました。
    他にもベビーベットやベビーバスなんかも。

    男の子なのでカラーもブルー系が多い。これ着れるの?!?!ってくらいの小ささです。

    両家ご両親にも甘えさせていただき、抱っこ紐、バウンサー、お出かけ用洋服、
    哺乳瓶、おくるみなんかもおねだりしてプレゼントしていただきました☆
    ホホホ・・・。

    最近は実家まわりからほぼ出ず、日々すごしていますが、まぁ、体力のなくなったこと!
    体力気力ばかりが自慢でしたが、15分歩いたらふぅーってなっちゃう。
    臨月というと決まってびっくりされるくらいおなかは出てないのですが、
    中身は立派に育ってるので羊水や胎盤もいれると5キロくらいはあるから、
    牛乳パック5本だもんね。お米5キロだもんね。そりゃ重いわ。

    いつでも出てきたいときに出てきてくれれば良いと思ってるけど、
    早く圧迫されてる胃がすっきりして、Big Boyでハンバーグとサラダバーとカレーバイキングを
    しまくるのが今のもっぱらの夢。

    最近はキック力がすごくて痛いくらいなので、今度おなかに足が飛び出てきたらつまんで「アレッ?」ってあわてさせてやろうと思います。

  • 世界一周にも負けない憧れの地、藤子・F・不二雄ミュージアムへ!

    2

    ドラえもんを集め始めて15年以上。

    ぬいぐるみにフィギュアにキーホルダーに、、、いまや部屋に500体ほどのドラえもんを所有する私にとって憧れの場所。

    藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきたーーー!!!

    昨年9月にオープンした時は海外にいたので、帰国したら行きたいと思いを募らせていたのだ。

    憧れのどこでもドア!これがあれば世界一周なんてすぐなのに。あー、南米に行きたい。

    帰国して早速チケットを購入しようと唯一取り扱っているローソンチケットに出向くも、たいていの土日はチケットがすでに完売。

    さすが人気スポットだけある。

    チケット発売日を調べて、発売日をねらってようやく無事にゲット。

    1回に200人の制限がある入場時間指定のチケットなので、指定の時間にミュージアムに出向く。

    登戸駅から車体がキャラクターにデコレーションされているバスが運行中。

    ドラえもんバスに興奮してシャッターを切りながら並ぶも、私たちの前でドラえもんバスが満員に。

    次にやってきたのはパーマンバス。

    ガーーーーン。。。

    バスの内装のつり革もシートも降車ボタンもすべてがパーマン仕様。

    だよね、パーマンバスだもんね。

    熱狂的ドラえもんファンの私は次回のドラえもんバスへのリベンジを誓ったのでした。

    ミュージアム外観。この窓がドラえもん1巻最初のコマ割になっているのは有名な話。

    ミュージアムは外壁から隠れドラえもんがいたりして、大人も大興奮。

    半数は家族連れのお客さんだけど、大人だけも結構多い。

    ネットで調べていた情報どおりに、入館したら展示はすっ飛ばしてまずはカフェへ直行!

    ここだけのオリジナルメニューが食べられるとだけあってカフェは大人気なのだ。

    12:00に入館してカフェに直行した時点で2時間待ち。

    整理番号券をゲットして、入り口に戻り、さっそく展示を見始める。

    ドラえもんだけじゃなくて、オバQ、エスパー麻美、チンプイなどよだれものの展示がいっぱい。

    教育者の家庭に育った私は見てもいいテレビ番組がかなり限られていて、藤子・F・不二雄ものは視聴が許されている数少ないアニメだったのでかじりつくように見ていたため、思い入れもかなり深い。

    子どもたちに負けじと順番待ちをしてドラえもんと写真を撮ったり、どこでもドアで興奮しまくったり、あっという間に2時間がすぎ、カフェの順番が来たので、カフェへ。

    「どうしても」ゲットしたかったドラえもんココア。32歳、大満足。

    小池さんラーメン!!頭はワカメ。顔は海苔。味も予想以上においしくて大満足。

    ジャイアンカツ丼は食べきるとどんぶりの底からこのイラストが出てくる。細かい演出が感動をさそう。いいよ、いいねぇ、ミュージアムさん。

    キャラクターをカプチーノやココアの上に描いてくれるんだけど、コロ助やドラミちゃんなど5種類あって、メニュー表には「どのキャラクターになるかは選べません」の文字。

    私が欲しいのはドラえもんのみである。

    ムコはパーマン希望である。

    レジのお姉さんに「どうしてもドラえもんがいいんですが、どうしても選べないんですか?」と聞くと「…どうしても、というのであれば、ご対応いたします。」との答え。

    ほんと?!わーい!

    大の大人が「えーと、どうしても、ドラえもんとパーマンでお願いします」とオーダー。

    そのほかにも小池さんのラーメンやジャイアンのカツ丼(ジャイアン誕生月なのでHappy Birthdayの文字入り)、お土産にドラえもんがプリントされたどら焼きと暗記パンラスクも購入。

    まだまだ四次元ポケットサンドとかメンチカツとか食べたいものだらけだったんだけど、これはまた次回…。

    ラストはおみやげ物屋さんでオバQとドラえもんの手ぬぐいやらミュージアムパンフレットやらを購入。

    このミュージアム、入場券は1000円とお手ごろ価格なのだが、カフェだのお土産だので結局ひとり5000円は軽く使ってしまう魅力を持ち合わせている。。。要注意である。

    テンション高くミュージアムを後にした私たちはその後1週間で3本ものドラえもん映画をDVDで観たのであった。

    ドラえもんどら焼きと暗記パンラスク。私もいま、通信で通っている大学の試験のために暗記パンがほしいところである。

    これこれ~♪ 空き地が再現されてる!この子どもたちに紛れてドラえもんとツーショットを撮るハラ夫婦であった。

    よーーーく見ると周りの林の中にみのむし式寝袋に入ったのび太が!他にも林には隠れキャラがいっぱい。

    *旅メモ*

    ミュージアムへは登戸からバスか、向ヶ丘遊園から徒歩。

    そのほか二子玉川からもバスが出ている。

    チケットは1000円

    入場時間は10:00/12:00/14:00/16:00の4回各200名。

    閉館が18:00なので16:00に入ると2時間しかなくてカフェも満員の可能性も大。

    お勧めは入館してすぐに3階のカフェへ直行!

    携帯電話があれば自分の順番になれば電話をくれるし、あと何人待ちか携帯サイトから確認もできる。

    音声案内の機械をひとりずつ無料で借りられるんだけど、耳に当ててると手が疲れちゃうからイヤホンを持参すると便利。

    川崎市民は優先販売枠が50枚ずつあるので、川崎市のHPから取り扱い店舗を確認して身分証明書持参で購入可。身分証明書は1名分のみ購入時に必要。6枚まで購入可能。

1 / 3123