世界一周ブログ - 2011年は365日が夏休み! 夏を追いつつ世界一周をしています。

home
  • 四次元ポケット

    7

    世界一周を終えたヨメブログです。

    もはや妊婦ブログです。
    おなかがだいぶ大きくなってきて、愛用しているドラえもんの腹巻をすると
    ホンモノのドラえもんさながらにまんまるなおなかになります。


    この腹巻、四次元ポケットもついていて
    ポケットをめくると中にはタケコプターがプリントされているんだけど、
    元気いっぱいのお子がめいっぱい動くと自動的に四次元ポケットももぞもぞ動きだす。
    自分のおなかながら、私の意思とは無関係に
    タケコプターが見え隠れしだして、今にも四次元ポケットから何か出てきそう。
    おもしろい(笑)

    ムコもその様子を見ながら、おなかに触れて愛でてくれている。
    少しは感動してくれているのかと思ったら
    「マッチョな人が胸の筋肉をぴくぴく動かしてるのを触らせてもらってるのと
    同じような気持ちだな。」
    だそう。。。
    全然違うんですけど。
    鍛え上げられた胸筋がマッチョによって動かされてるんじゃなくて
    新しい命が元気に躍動してる証拠なんですけど。。。

    一般的な週数の成長より2週間ちょっとも成長が早く、
    体重も重くなっているお子。
    私から小さめの子が生まれるとは思ってなかったけれど、さすが。ビックだわ。

  • 印籠キーホルダー

    3

    世界一周を終えたヨメブログです。

    最近は電車に乗るときに「妊婦さんキーホルダー」をバックに付けている。
    優先席付近に描かれているお母さんが赤ちゃんを抱えているあのイラストのキーホルダーだ。

    このキーホルダー、各駅の窓口で「ください」って言ったらすぐもらえる。知らなかったー。

    我慢すること、ナニクソ根性を美徳として生きている私は
    電車で席を譲ってもらうことにちょっと抵抗がある。
    かと言って、妊婦となった今、私のこの根拠のない根性のせいで迷惑をこうむるのは
    おなかの赤ちゃんでもあるので、気合いだけで乗り切ろうとしてはいけないというのも分かる。

    でも、やっぱりこのキーホルダー“妊婦なので座らせてください”の意味になっちゃう。
    電車では私に目をつけられた座席の人を立たせる力があるのだ。
    神様でもあるまいに、ワタクシメがそんな効力のあるものをぶら下げるなんて恐れ多い。
    「次の駅であの人が降りますよー」てな具合に降りる人を知らせてくれるシステム、くらいの効力であってほしい。
    この人の前に立ったらどう思うだろう、本当はすっごく疲れてる人かもしれないな、
    終点まで乗る人かもしれないな、果たしてこの人の前に立つのが正解だろうか??
    なんて余計な考えがぐるぐる頭を巡っちゃって気疲れする。
    優先席の前に立つのがいいのだろうけど、
    なおさら「ここは優先席ですよ?!優先するべき人じゃないあなたが何で座ってるんですか?」という軽い抗議も
    含んだ圧力をかけている気になってしまって気が気でなくなる。

    この前、8駅くらい乗る時に、申し訳なさが勝って、
    わりと今日は元気だから立ったままでもイケるかも、と思ってキーホルダーを隠して
    若いカップルの目の前の吊革に立った。
    しばらくするとカップルがこそこそ話し出して、
    「あの、よかったら座りますか?」と声をかけてきてくれた。
    え??分かっちゃいました???
    ありがとうございます、と言いながら動揺してしまった。
    まだ8ヵ月にしては目立たないおなかだし、ふんわりした洋服だし、
    会ってきた友達にも「まだ全然わからないおなかだよね」と言われたばかりだったので
    「普通の人」を演出で来ていると思っていた。
    それが、バレていた。
    バレるといっても、よくよく見なければ分からないでっぱり具合。
    きっと、「前の人、妊婦じゃない?」「え?そう?キーホルダーしてないよ?」
    「ただちょっと太ってる人だったらどうしよう」「声かけるべき?」
    「でも違ったら失礼じゃない?」「どうしよう…」
    なんて困らせた会話をさせてしまったに違いない。。。
    ギャーーーーー!!それは本当になんだかもう、申し訳ないっっ!!

    私の中途半端な根性のおかげで
    カップルを困惑に陥れ、おそるおそる声をかけさせたなんて、もう、申し訳ないっ!
    こんなことならキーホルダーをふりかざしていたほうがよっぽどいいに違いない。

    …ということで、キーホルダーはきちんと行使することにしたのでした。
    まぁ、まだ慣れないけれどね。
    できればすぐに降りる人であって欲しいと願って優先席の前に立つようにしてます。
    座らせてもらった後も、携帯いじるのも、本を読みだすのも、眠りだすのも申し訳ない気がして
    ただただ直立して座ってます(笑)

    実際におなかが重くなっているから座れるのは大変ありがたいことなんだけどね(^^)

  • 映画で旅を振り返る

    2

    世界一周を終えたヨメブログです。

    日々のお話を…
    至って普通のお話ですが。

    何かを作ることが好きな性格なので
    春になると毎年、あさがおやらひまわりを植えていたのですが、
    今年は8月は帰省していて花が見られない、と気づき
    ハーブとちょっとした野菜を植えて育てることに。
    料理もしてるし、ちょっと薬味が欲しいって時に便利だしね。

    左がイタリアンパセリ、右が万能ねぎ。ねぎは八百屋で買ったねぎの根っこを植えたら1週間ですくすくとおもしろいくらいに育った。

    ネットで初心者の園芸のページを熟読して
    現在はパセリとバジルと大葉とトマトと万能ねぎを育て中。
    臭いものは虫が寄り付きにくくて育てやすいと聞いたので
    選んでみたものの、バジルと大葉はすでに虫が食ってるがな!
    ネギやトマトはおもしろいほど日々伸びていくので、
    1株100円くらいの娯楽園芸としては良い買い物だったと言えよう。

    トマトさんだけぐいぐい伸びてすでに1メートル近い。受粉が難しいらしく、実ができるかは定かでない。

    野菜を育てても時間は余るもので、
    世界で見てきた景色が撮影場所になっている映画を見てみよう!と思い立ち
    旧作100円レンタルを開始したTSUTAYAサマに足しげく通い中。
    100円で一週間借りられる、なんてすばらしい企画!
    放浪旅の定番、日本からロンドンまでをバックパックで旅する
    大沢たかお主演の「深夜特急」3本立てを見る。
    香港の重慶マンションや、インドのガンジス河トルコのイスタンブールなど
    昨年見てきた景色が目白押し。
    途中、ふれあっていく人々の人間性も国ごとに様々で、分かる~、と興味深く鑑賞。
    学生の時にこれ見ちゃってたら、バックパック背負ってしばーらくアジアに行っちゃってたな…。
    危ない危ない…。

    続いて、ヨルダンのぺトラ遺跡が出てくるということでインディージョーンズ3を観る。
    まだハイビジョンじゃない時代、字幕もガタガタな文字(^^ゞ
    インディージョーンズ自体初めて見るんだけど、3からスタートしたのがまずかったのか
    まったく話に入り込めず…。
    合成もストーリーもチンケな気が…。
    だって始まって20分ですでに追いつめられて、
    見るからの悪党に騙されてやられそうなところを回避!みたいな展開なんだもん。
    冒頭ではアメリカの国立公園もたくさん出ていたから景色としてはすこーしだけ共感。

    続きまして、アメリカのモニュメントバレーが出てくるバック・トゥ・ザ・フューチャー3を鑑賞…の予定が
    うちのブルーレイレコーダーが読み取らず。
    プレステで見るにはアップグレードが必要らしい。
    アップグレードの仕方が分からん。
    日本の仕組みはいろいろハイテクになってて難しいもんだ…。

    次回はブルーレイじゃない「ガンジス河でバタフライ」を借りにいこーっと。
    インドで日本語が喋れる勧誘の小僧たちを無視したら
    「おまえ、長沢まさみに似てないな。かわいくないな。ブサイクだな。」と
    さんざんバカにされたので、どんな映画か見てやるのだ!

    ふぁー、最近は胃や膀胱が圧迫されてトイレは近いは食べ物はあんまり食べられないわで
    それなりに大変。
    妊婦生活って、こう、「おなかにカワイイ命が宿ってるの。もう動いたりして幸せ感じる毎日なの」って
    感じかと思ってたら、ずえぇっんずぇん違うのね。
    だるーい、ねむーい、疲れちゃうー、の波がやってくるので
    他に自分から楽しいと思えること探していかないと。
    未来へ命をつなぐために女性が存在しているのだと、そのために生まれているのだと
    なんとなく実感。まだ生んでもいないんだけれどネ。。
    さてはて、サハラ砂漠でサソリに刺されてた時
    神経毒がリンパを伝って体を回って、「子供を産むよりも絶対に痛い」と言い切ったけれど
    どちらが大変なのか、夏には分かるでしょう。

  • 学生になりました

    0

    世界一周を終えたヨメブログです。

    3月に学生になりたい、なんて記事を書いていましたが、
    無事に大学3年生になりました!

    大学から合格通知、届きました!私、学生になりましたの♪

    合格通知も学生証も教材もそろって、新鮮な気分。
    さっそく、東急系の映画館で学割で映画を見てきました。
    東急カード割引と併用で1300円。悪くない。
    まだひとつも課題開いてないけれど、学生の特権は行使。
    ちゃんと課題提出して試験に合格していけば
    2年後には幼稚園教諭の免許が手に入る、、、予定です!

    帰国してから何をしていたかと言えば、
    前回のブログに書いたように、帰国と同時に妊娠が分かって、
    赤ちゃんもOKな家を探して引っ越しをして、
    引っ越しが終わった1月中旬にはなんだか気分も体調もパッとしない日々に突入。
    寝込むこともなく、何でも食べられるし、比較的元気なつわり時期ではあったものの
    いつも100%の体調だったのに、どこかすぐれなくて常に60%ってかんじ。
    普段ならそんな時は早めのパブロンか太田胃散のどちらか、
    もしくは酒は百薬の長で、ビールでもカーッと飲んじゃえば元気100%に戻ったのに
    いまはどれのお力にも頼れない。。。
    ついこの間まで、毎日バックパックしょって新しいもの探しに歩き回っていたのに
    ちょっと気を緩めたら一歩も外に出ず、家の中で体育座りして1日過ごしちゃうような日々。
    我ながら冴えない、、、ともんもんとしながら3月中旬くらいまでを過ごしたのでした。

    3月後半からは、少しずつ気分も開けてきてちょっと出かけたり、友達に会ったり。
    今まで、ありがたくも元気であったために体のバランスとかほとんど気にせずに
    ズボラに生きてきたけれど、ホルモンバランスって大切なのね。
    一度、朝起きたてで貧血になって気づいたら見事にぶっ倒れていて
    運も悪く、人形の飾り戸のガラスに頭を突っ込んでしまい、
    割れたガラスがあたり一面にちらばっていた事件があって、
    妊婦の栄養バランスの必要性を深く実感。

    食べるものもすごく気を使うようになって、外食はほとんどナシ。
    カルシウム、葉酸、鉄分を多く摂れる料理に奮闘。
    いわしに牛乳に緑黄色野菜にレバーにあさりにほうれん草。
    いやー、健康的。

    4月からは旅前まで担当していたより子というアーティストが独立するというので
    そのお手伝いスタッフとして仕事を再開しました。
    とはいっても、前よりもずいぶん楽させてもらってますが。
    何かやるべきことがあるというのは、精神衛生上いいものだと実感。

    産婦人科の検診で1か月に3キロ太ったら「太りすぎです。歩いてください。」と
    言われたので毎日ジャージで多摩川沿いのウォーキングも始めました。
    晴れた河原を昼間に歩くのは気持ちがいい!
    先週とは違う花が咲いていたり、少年がサッカーやっていたり、
    桜が一瞬で満開になって散っていったり、
    今までのスケジュールみっちりの仕事では知らなかった世界があるかんじ。
    めっちゃ健康的。

    5月の今は、学生、アーティストマネージメント、主婦、妊婦を楽しみながら
    のんびり暮らしてます。
    なんだか妊婦ブログになっちゃうなー(^^ゞ

  • 母親になりたい

    4

    世界一周を終えましたヨメブログです。

    旅の途中に書いた『帰国したらやりたいこと』メモ。 一軒家を建てるはもう少しムコとがんばらねばならないけど、犬を飼うとテニスをする、は母親になるためしばらく断念。ほかは地道に進んでる?!英語を話せるようになる、以外は…。

    「世界一周をして何か変わった?」と聞かれることが良くありますが、
    まだ「これが変わったゼ!」と言えることはないんです。
    でも私にとって大きな経験であったことは間違いなく、
    今後の人生に影響を与え続ける経験だったと思います。

    でも、明らかにひとつ変わったことは「もっと“家族”したい」という思いが強くなったこと。
    世界のあちこちで出会った人に「あなたの人生で大切なものって何ですか?」という質問をしてきた。
    また、話をする中で誇りに思っているものを教えてもらうことも多かった。
    多くの人が笑顔で「家族だよ」って答えた。
    子どもだったり、ファミリーだったり、両親だったり。

    今までやりたい仕事をトコトン突っ走ってやらせてもらってきた。
    結婚はしていたけれど、お互いの休みが合うことなんて月に1度あるかないかだった。
    それでも毎日に満足していたし、濃くって充実した生活だった。

    世界を旅していて1年の気ままな世界一周旅だと伝えると、
    「帰国したら何するんだい?」と聞かれることもよくあった。
    旅の後半、私はずっとこう答えていた。
    「I would like to start a family.」
    家族を始めたい、子供が欲しいんだ、という意味。
    帰国したころに赤ちゃんができてたらいいねー、なんて話していたら、
    どんぴしゃり!
    強い思いが通じたのか、ベストタイミングでおなかに新しい命がやってきてくれました!

    旅ラストのアジアで子供がいることが発覚したら何語でどこの病院に行っていいんだか
    さっぱり分からないし、なんて出来のいい子だ。

    …ということでして、
    ただいま妊娠8か月の立派な妊婦をやっております。

    妊娠が分かったのが帰国日。
    お義父さんが用意してくれていたおいしい日本酒を飲んでいいものか否か、
    という問題にぶち当たり、薬局へダッシュしたのでした(笑)
    そこから今日まで、一滴もアルコールを口にしていません。
    あれだけ各国のお酒を楽しんでいたのに。。。
    でも体質って変わるもので、まったくお酒を欲しない体になったのでまったく辛くないけれど。
    目の前でムコがビールをあおっていようが、まったく気にもならず、麦茶をすする日々。

    ぼちぼちおなかも出てき始めて、
    台所で洗い物をするとおなかだけ濡れちゃうようになって、
    下に落ちたものを拾うのがおっくうになって、
    夜はベットに横になった途端、激しくダンスを始める赤ちゃんに眠れぬ時間を過ごしながら、
    今しかない貴重な時間を過ごしております。

    あと少しで母親だー。

3 / 13812345...102030...最後 »