世界一周ブログ - 2011年は365日が夏休み! 夏を追いつつ世界一周をしています。

home
  • 宿114 : Thuy Duong Hotel @バイチャイ(ハロン・シティ)

    0

    ホテル外観。ハロン・シティは建設ラッシュで、次々に新しいホテルが誕生している。ここの宿の手前も工事中なり。

    世界一周ブログ@ハロン・シティ(ベトナム)です。

    ハロン湾クルーズから戻り、ハロンの街へ。
    ツアーに含まれていた二日目昼食をいただいた後、
    ハノイに帰るみんなに別れを告げて、いざホテル探し!

    お目当ての宿まで約1.5kmの道のりを二人でヨタヨタと歩いていると、
    どこからともなく「いいホテルあるよ!」との客引きが出現。
    いつもなら無視を決め込むところですが、
    「ただでバイクで送っていくから!」という甘い言葉に釣られてしまいました。

    スクーターでブブーンと走ること3分。
    見た目はオンボロだけれど、設備などは申し分なかったのでここに決定。
    明日に控えた中国越境を前に、とりあえず陸で1泊します。

     

     

    Thuy Duong Hotel
    ■ダブルルーム(バス・トイレ付き)…10点満点中、7点
    寝具 ★☆☆ セミダブルが2台。掛け布団がペラペラすぎる。
    水周 ★★☆ あまり清潔感はないが、それに勝る湯の量&温度。
    設備 ★★☆ ファンと冷房、冷蔵庫もあって十分。
    WIFI ★★☆ 速くはないものの、部屋でも使える。
    立地 ★☆☆ 結果的に、どこに行くにも不便だった。
    接客 ★★☆ 訛りは強いが英語も通じる。対応もなかなかいい。
    価格 ★★☆ 12ドル(約1000円)/朝食なし。ナットクの値段

     

     

    物価の安い国で目安にしている【1000円の宿】。
    お風呂も快適だし、WIFIも使えるし、洗濯物も干しやすいし
    なかなかの優等生に入る安宿だと思います。

     

     

    はらだいち

  • ベトナムから中国へ陸路入国

    0

    世界一周初心者のヨメブログです。

    さよなら、ベトナムッ!!

    ハロン湾からローカルバスで長距離バス乗り場まで行き、
    ベトナム国境の町、モンカイまで4時間、ミニバスに揺られる。
    バスは、道端にいる人にどんどん声をかけていき、満席になるまで人を乗せる。
    席は狭めだったけど、
    満席以上にはお客を勧誘しなかったから、ここ最近のバス移動ではいい方。
    ひとり一席が用意されているという当たり前のことに感動(笑)

    ベトナム出国してベトナムの門をくぐり、中国へと200メートルほど歩く。

    モンカイのバスターミナルからタクシーに乗り換え、
    出国管理所のある国境まで5分。
    乗る前にタクシーの運転手に50000ドン(約200円)で交渉するも、
    乗ってみたらめずらしくメーターがついていて、到着した時には32000ドン(約130円)だった。
    …メーターで乗ったほうが安かった。。。
    ちょっと多めに儲けが出たからか、タクシーのおじちゃんに親切にしてもらい、
    出国管理所横にあるオフィスで入場券と手数料ひとり20000ドン(約80円)を支払いチケットをもらう。
    ベトナムと中国のあいだの200メートルほどのフリー地帯がTAX FREEのため
    宝石や土産物屋がいくつか立ち並んでおり、この一帯に足を踏み入れるには入場券が必要なのだそうな。
    ナニ、ソノシステム??
    それに、ベトナム入国時もそうだったけど、手数料ってナニ??
    1ドル程度をちょこちょことってくるなぁ。。。

    入国時同様、軍服姿の方がたくさんの国境なので、緊張が走る。
    たいていの国は“去る者追わず”でサッと出国はさせてもらえるんだけど、
    ベトナムは出国にもX線荷物検査があった。
    「日本人か?」とか「何日間中国に滞在するのか?」とか「ビザは持ってないのか?」とか
    カタコトの英語で質問もたくさんされた。
    ビザは日本人は15日間以内の観光目的の滞在ならば、なくてもOKであることを
    笑顔を崩さず、愛嬌ふりまきながら係りのおじちゃんに説明すると、無事に通してくれた。
    ふぅ、助かった。

    「Vietnam」と書かれた大きな門を抜けて橋を渡ると
    目の前には「中華人民共和国」と書かれた大きな門。
    島国日本だとなかなか感じられない、
    “陸続きの国の国境”って感じの国境らしい国境でちょっと感動。

    ベトナムと中国国境の川。右の緑が多いのがベトナムで左のビルが見えるのが中国。川ひとつで雰囲気が全く違う。

    中国入国の際はパスポートをずいぶん入念に調べられ、
    するする通過していく人たちに比べてだいぶ時間を取られた。
    …といっても3分くらいかな。
    あとで出会った香港の人は私たちと同じ日にこの国境を通過して
    ベトナム出国時も中国入国時も賄賂を要求され、20ドルも払わされたというし、
    日本人は1ドル程度要求されるとネットで読んだことがあったので
    ラッキーだったのかな。
    まぁ、そもそも賄賂って制度がすごいけど。

    さて、無事、33か国目、中国入国!
    おいしい広東料理を求めて、めざすは広州!

    中国入口の門。ご立派!人がたくさんいるあたりに国境ラインが引かれてる。

    *旅メモ*
    ベトナム、ハロン湾近くのバイチャイバスターミナルの時刻と値段表。
    バス停の場所が移動していたし、時刻表が調べても見つからなかったので旅人のためにUPしておきます☆

    バイチャイバスターミナル時刻表

    バイチャイバスターミナル時刻表

  • Cristina Deluxe Cruise

    2

    ハロン湾は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾。クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。(Wikipediaより抜粋)   さらに、11月12日午前2時(ベトナム時間)、New Open World財団のHP「New 7 Wonders of the World」上で、ベトナムのハロン湾が、「新・世界7不思議」に選出された、と発表された。

    世界一周ブログ@ハロン(ベトナム)です。
    本日から1泊2日で世界遺産のハロン湾を廻る
    クルーズ・ツアーに参加してきました。

    スケジュールはコチラ
    【1日目】
    0800 ホテル発
    1230 ハロン湾の港着、出航
    1300 ランチ
    1500 洞窟探検
    1600 カヤック体験
    1700 船からドボン(スイミング)
    1830 ディナー

    【2日目】
    0530 起床(任意)→朝日チェック
    0730 朝食
    1100 ランチ
    1230 解散(皆はハノイ行きのバスに乗車)

    2日目がかなりイマイチ(何のアクティビティもなし)でしたが、
    まあ65ドル≒5400円という値段を考えればこんなものですかね。

    ただ、キャビンはクオリティ高し!
    船にしてはスペースも十分なツインルームで、清潔感も◎。
    お風呂タイムが重なるとお湯が出なくなってしまうのは残念でしたが・・・。

     

    三ツ星のクルーザーです!

    客室。ちょっとした安宿よりもキレイで立派なり。

    クリスティーナ号。年季入ってます!

    ステアリングを足で。こらっ! 真面目に働け!!

    タオ・コンローに続き、この1週間で2度目の鍾乳洞。

    5時半におきたのに、朝日は拝めず。

    11月12日午前2時(ベトナム時間)、
    New Open World財団のHP「New 7 Wonders of the World」上で、
    ベトナムのハロン湾が、「新・世界7不思議」に選出された、と発表された。
  • ハロン湾観光

    0

    世界一周初心者のヨメブログです。

    ハノイ市内。ベトナムはバイクだらけ!!交差点が赤になると100台近いバイクが止まって、青と同時に車をかわしながら我先にと飛び出していく。4人乗りまで当たり前。

    ベトナムの首都ハノイからベトナム南東の観光名所ハロン湾へ。
    「日本人って本当に世界遺産が好きよね」と言われて、確かに、と思いつつも
    行っちゃいますよ、ハロン湾。
    いろいろ調べたところ、自力で行くよりツアーが安いという結果に。
    そして船の上から朝日を臨みたいというムコの希望もあり、
    船上で1泊するツアーを申し込み。
    ホテルの前までワゴンが迎えに来てくれて、荷物を積んで出発。
    やっぱりツアーって楽だなぁ(笑)

    薄曇りのハロン湾。うーむ、残念。龍が出てくる場所らしい。

    ハノイからワゴンで3時間半。
    ハロン湾、曇ってる~!というかガスってる~!
    18人のツアーだったけど、ほとんどがイギリス人で英語が早い。
    ネイティブの英語を聞き取ろうとして久々、英語頭フル回転。
    いやー、発音良すぎますよ、イギリスのみなさん。。。
    クルーズ船で湾を移動しながらツアーに組み込まれていた洞窟見学や
    海での二人乗りカヤックなんかをやってみる。
    洞窟、大きいけどツアー観光客がいっぱい。
    カヤックは漕いでみるもののムコと息が合わず、機嫌が悪くなる私。
    だって、右、右、左、右、左、とか思い立ったままバラバラに漕ぐから進みが悪いんだもの。
    夜はガラパゴス諸島クルーズ以来の船上の部屋で就寝。
    日の出は5:30だと言うので起きてみるも、曇ってる~。。
    ぼんやり明るくなるタイプの朝日で、がっかり。
    ハロン湾は曇りが多いと聞いていたので覚悟はしていたけれど残念だなー。

    ハロン湾のクルーズ船。似たような船が50舟くらい浮かんでた。どの舟もヨーロッパ人か中国人がいっぱい。

    ハロン湾観光終了後、ハノイ帰りのツアーバスには乗りこまず
    中国を目指すため、ここからは再び自力で移動します。
    国境までは少し距離があるので、今夜はハロン湾の宿に1泊。
    安宿を探してバックパック背負って歩いてたら
    原チャリにのったおじちゃんが宿勧誘をしてきた。
    その宿は海沿いをもう少し進んだところらしい。
    誘いに乗ってみるか、と原チャリに乗せてもらい、宿まで移動。
    宿もよかったけど、原チャリ大国のベトナムで二人乗りで走れたことが嬉しい。
    4人乗りで布製のカラフルなマスクして、
    ヘルメットかぶらずにかっ飛ばしてる光景はやっぱり衝撃だったもの。

    明日はハロン湾からついに中国入りします!

    宿の客引きの原チャリに相乗り。やってみたかったんだよね~♪

  • ハノイ観光

    0

    世界一周初心者のヨメブログです。

    ベトナムコーヒー。フランス領だったベトナムはコーヒーやフランスパンがおいしい。ベトナムコーヒーはかなーり濃くてコンデンスミルクを底に入れていただく。

    ラオスからの国際バスで途中でなぜかバス乗り換えを命じられ、
    乗り換えたバスはなぜか最終地のバスターミナルまで行ってくれず、
    英語は全く通じないので仕方なく雨の中、バスを降りて、タクシーを拾う。
    1kmほどの距離をタクシーで移動して22,000ドン。約85円。
    ベトナムって交通費が安い!
    そして通貨の単位が大きすぎる!

    ホテル1泊250,000ドン。
    英語で言ってくれても千以上の数字はすぐにピンとこない(^^ゞ
    つまり12ドル、約1000円なんだけど、む、難しい…。

    ラオス国境から近いビンという町からハノイへのバス。リクライニング~♪ バス内は土足厳禁で隅々まできれい。やるなー、ベトナム。腰痛を心配していたムコもご機嫌のご様子。

    1泊ホテルに泊まって、さてさて、翌日もまだまだ続きます、バス移動。
    今度はビンからベトナムの首都ハノイまで8時間のバス移動。
    でも、今回のバスはスゴイ!!
    バスターミナルに行ってみると見たこともないリクライニングしまくった座席が並ぶバスが!
    「このバスに乗りたい!」とチケット窓口ではなく直接運転手のおじさんに聞いてみると
    どうやらチケット窓口で販売しているものより200円くらい高いが乗れるらしい。
    乗るー!ちょっと高くても構わないー!!
    いやぁ、極楽☆
    日本でも見たことないくらいの座席数のリクライニング☆
    タイ、ラオスに引き続き、爆音の歌謡曲が車内に流れる以外はほぼ完ぺき。
    途中、食堂の前でバスが停車。
    何かと思ったら昼食タイムまでとってくれるらしい。
    最近は道端で人を拾うときだけストップするトイレなしバスに
    トイレに行きたくなる不安とともに乗っていたので、こりゃ、極楽。
    8時間揺られて時間通りにハノイに到着。

    ホアンキエム湖のほとりでバトミントンのシャトルを大きくしたようなものを蹴ってバレーボールのようにつないでいく遊びをしていた人を発見。ムコ、飛び入りで参加。

    ハノイはベトナムの首都。
    旧市街なんかもあって昔の街並みも残ってる。
    世界一周中はガイドブック自体か、
    自炊したデータガイドブックを持ち歩いていたんだけど
    ここ、ベトナムだけガイドブック持ってない(^^ゞ
    英語のロンリープラネットデータ版とネット検索のみで見所や移動手段を調べていく。
    新鮮。 そして、時間がかかる…(^^ゞ
    調べた結果、ハノイでは雑貨めぐりとホアンキエム湖、ドンスアン市場なんかを見て回ることに。
    中心地で宿を見つけて、歩ける範囲で観光。
    市場は、うーん、各国の生活に根付いてる市場を見てきただけに割と普通。。。
    湖は、うーん、汚い。。。
    湖自体よりも周りにいたアオザイを来た人たちや結婚式の記念撮影してた人たちのほうが
    生のベトナムを覗けた感じで楽しかったかな。
    そして雑貨。うーんうーん、ベトナム雑貨ってかわいいんじゃなかったっけ??
    ハンカチとかバックとか置物とか、どれもいまいち。。なんか観光用って感じがしちゃった。
    見た地区がよくなかったのかもしれないけど、残念だなぁ。
    雑貨がかわいかったのはチェコとネパールとモロッコだなー。

    ハノイからはハロン湾という世界遺産の奇岩がある湾に向かいます。

    ハノイ旧市街は区画整理されており、通りごとに同じお店が並んでる。ここは靴屋の通り。ずーっとひたすら靴屋。価格競争もないから似たような商品がひたすらずらり。